郊外に隠居してマンションを賃貸に出したい

駅近のマンション暮らしから静かな環境に移りたい

15年ほど前に駅から徒歩5分以内で近くにショッピングモールや病院があることが魅力のマンションを購入しました。
子供がちょうど中学に入学したこともあり、子供部屋を用意したいという考えもあって物件を選びました。
住んでみるとマンションは全室フローリングになっていて、設備も最新のものが揃っていましたし、中庭があるので子育て環境には最高だと満足していました。
しかしその後、子供が社会人になって家を出るようになると、夫婦二人では部屋が広過ぎると感じるようになりました。
部屋が多ければ多いほど掃除の手間も出てきますし、隠居生活をするのであればもう少し人が少ない静かなところで過ごしたいと感じるようになりました。

マンションでは管理組合があるものの、それ以外にも住人だけで会合を開こうという動きが数年前からあり、それに参加することが少し負担になってきた部分があります。
町内会と同じように、毎朝日曜日は掃除をしたり、役員が定期的に割り振られるなどの面倒ごとがありストレスに感じた部分もありました。
掃除などは自由参加ですが、毎回出ている人が多いので、その中で欠席することになると肩身の狭い思いをしなければなりません。
役員になると夏祭りのお手伝いやプリント配布など面倒な作業も多く、会合に参加した後に高齢者を中心にお酒を飲むような雰囲気になることにも不満がありました。

駅近のマンション暮らしから静かな環境に移りたい平屋を購入しマンションは賃貸へ郊外の一軒家でのびのびとした暮らしを満喫マンションは賃貸に出したいと思った時がタイミングです。